2022-23年度 会長挨拶

会長写真
Lets'improve and evolve our club.(改善して進化しよう私達のクラブ)

大阪柏原ロータリークラブは今年で創立53年を迎えます。歴代の理事、役員の皆様に心より感謝申し上げます。
また会員の皆様には日頃よりクラブの活動に深いご理解とご協力を賜り厚く御礼申し上げます。

さて1922年大阪にロータリークラブが設立され、今年で100年を迎えます。2660地区の宮里唯子ガバナーは「大阪のロータリー100周年を祝おう」をテーマに掲げ、各クラブに於いてもそれぞれの方法で100周年を祝う様にと提案しています。 またIM4組は2023年2月25日(土)にロータリーデーが予定されています。全会員の参加を期待し、共に100周年を祝える事を願っています。
国際ロータリークラブ会長のジェニファー・Eジョーンズ氏は「イマジン ロータリー」をテーマに、大きな夢を抱き、行動を起こすことをロータリー会員に求めています。

ジョーンズ氏はそのメッセージの中で、地域社会との繋がりを深め持続的な変化を生み出す為に「D=Diversity多様性」「E=Equity公平さ」「I=Inclusion公摂性」の三要素が重要であると述べています。

またD・E・Iが有意義なリーダーシップネットワークづくりに不可欠であり、今後将来にわたりロータリーが奉仕活動の機会を実現する為に必要な指針であると推奨しています。

宮里ガバナーも「必要とされる変革を受入れる事ができなければ、2660地区の未来の繁栄はありません」と述べている様に、私共のクラブに於いても変革を受け入れ対応する基盤を構築する事が重要であると考えます。

よって私は「変革を受け入れそれを具現化する為に、改善と進化を推し進める事」を大阪柏原ロータリークラブ会長としてのCommitmentと捉え、2022年~2023年度クラブテーマを「Let’s improve and evolve our club」と定める事に致しました。

以上を踏まえ今後の各委員会の活動に反映して頂けます様、会員の皆様のご理解とご協力をお願い申し上げ、会長所信と致します。

【クラブグループA】    

「会員組織委員会」 委員長:植田利弥会員    会員増強・ロータリー情報・友の会を担当して頂きます。特にクラブの基盤向上を図る為の策として、強力な会員増強をお願いします。純増3名を目標に、ロータリー賞獲得を目指   して頂きたいと思います。    ・2022年8月会員増強月間     「クラブ管理委員会」 委員長:伊谷祐一会員     会報・雑誌・広報・プログラム・インターネット・親睦・出席・ニコニコ箱を担当して頂きます。クラブ管理委員会は委員全員の協力が必須ですので宜しくお願いします。

【特別月間プログラム】 ・2022年9月:基本的教育と識字率向上月間/ロータリーの友月間 ・2022年10月:地域社会経済発展月間とポリオデーのPR ・2022年12月:疾病予防と治療月間 ・2023年1月:職業奉仕月間 ・2023年2月:平和構築と紛争予防月間 ・2023年3月:水と衛生月間 ・2023年4月:母子の健康月間 ・2023年5月:青少年奉仕月間 ・2023年6月:ロータリー親睦活動月間

【奉仕グループB】

「ロータリー財団委員会」 委員長:松村可奈理会員 米山奨学金・ロータリー財団・教育支援を担当して頂きます。10月24日はポリオデー24日前後の都合の良い日程でプログラム委員会と打ち合わせポリオPRをお願いします。またベネファクターと教育支援金のご理解ご協力も宜しくお願い致します。 ・2022年6月:ロータリー財団月間 「奉仕プロジェクト委員会」 委員長:酒井雅人会員 国際奉仕・社会奉仕・職業奉仕・青少年奉仕・環境保全を担当して頂きます。宜しくお願いします。 「S・A・A」 S・A・A長:大谷隆英会員   ロータリークラブに於いて重要な会合は例会と認識しております。すべての活動は例会から発信され行動に移されます。例会の全権はS・A・Aにあり、規律ある厳粛な例会を期待します。 「特別委員会」 未来計画委員会委員長:楠本菊實会員 できるだけ多くの方に参画頂きます様お願いします。 「補助金申請」 担当:檀野隆一会員、山田恭子会員 既に申請は行っています。 「友好ロータリー特別委員会」 委員長:山本光勇会員、山田恭子会員 倉吉東ロータリークラブとの友情を深めるコンタクトをお願いします。

会長 檀野 隆一